里山整備活動報告

植生調査の講義黒田先生から
植生調査の講義
植生調査の講義
現場での植生調査
場所決め→10m四方のロープ貼り→階層(高さ)の把握、高さ測定→順次種名調査(高木は周囲測定、第1低木層以上は本数記録)→被度・種被率の記録
現場での植生調査現場での植生調査


現場での植生調査現場での植生調査


現場での植生調査現場での植生調査


安全管理の講義、現場での竹伐採、整理
安全管理の講義
安全に楽しく、根気よく「怪我と弁当は自分持ち」
現場での竹伐採、整理現場での竹伐採、整理


竹炭に
竹炭に
整備前 → 整備後
整備前整備後


整備前整備後


PDFファイルダウンロード

「ふれあいの里山」復活大作戦。 オープニング記念講演会

【実施報告】
【日 時】平成20年12月14日(日) 10時00分〜13時00分
【場 所】金ケ崎公園(明石市魚住町金ケ崎1541-1)管理棟、公園内樹林
【内 容】
①里山の大切さ、里山の整備について(明石に求められる里山像)
講師:兵庫県立大学教授 服部保氏
○里山の成り立ちの歴史や今後の里山のあり方について講演されました。
②里山整備活動について
講師:NPO法人ひょうご森の倶楽部 会長 福田正氏
○安全に里山を整備していくにはどうすればよいか、危険生物などについて講演されました。
③今後の金ケ崎公園の整備について
エコウイングあかし 森逸男氏(リーディングプロジェクト№9サブリーダー)
○今後の整備スケジュールについて説明されました。
④公園内整備予定地視察、現地指導
兵庫県立大学教授 服部保氏
○整備する予定地で植生などについて説明されました。
【参加者】:参加者約30名
【関連資料】
PDFファイルのチラシと説明画像です
<講演会チラシ> <「ふれあいの里山」復活大作戦イメージ>
sizen2.jpg
sizen1.jpg