第4回 エコドライブ講習会

エコウイングあかし エコドライブ講習会
「エコドライブはいいこといっぱい」
を開催しました。

日 時:平成21年7月16日(木)10:00〜11:30
● 場 所:あかし男女共同参画センター会議室1
● 講 師:松本 弘(LP4 サブリーダー)
参加者:19名
内 容:エコウイングあかしのメンバーが講師を務める2回目の講習会。
今回はLP7「家庭でできる温暖化防止」のメンバー募集の呼びかけも併せて行ったので家庭の主婦を主な対象者にして実施しました。
女性団体に参加を呼びかけ予想以上の参加者があり皆さん熱心に聴講され、アンケートでもエコドライブを実践するという解答がたくさんありました。また、家庭でできる温暖防止のチーム「ゆほびか」への当日メンバー登録も4名でした。 
ene1.jpg

マイカルあかし環境フェア2009 に出展しました!

日  時: 2009年6月7日(日)午前10時 〜 午後5時
場  所: マイカル明石2番館1階 「海の広場」特設会場
参 加 者: EW5名 / 事務局1名
マイカル明石からの依頼を請け、ライフスタイルグループでブース出展を行いました。唯一、記念品等のない出展でしたが、多くの方が作品を見て足を止め、関心を持って体験に参加されました。体験参加者に布ぞうり作りのマニュアルを配付し、暮らしの知恵を生かしたごみの削減をPRしました。
<マイカルフェアの主な内容>
○布ぞうり作品展示と体験デモ、エコウイングあかしの活動PR
 (EWライフスタイル)

○環境クイズラリー、工作教室(三角エコバッグ・割箸ゴム鉄砲等)
○資源循環課のリサイクル図書・リサイクル家具展示とプレゼント
素材等の説明とあわせて作品を展示
life1.jpg life5.jpg
展示ブースの様子
life2.jpg life3.jpg
life4.jpg

第4回 布ぞうり教室

ライフスタイルグループで開催!
エコウィングあかし 布ぞうり教室
● 日 時:平成21年4月26日(日) 午前10時〜午後3時
● 場 所:あかし男女共同参画センター会議室3(アスピア明石北館 7階)
● 参加者:申込者17名、スタッフ8名
● 内 容: 市民申込者を対象に布ぞうり教室を開催しました。布ぞうりづくりに加え、エコウイングあかしの活動紹介や入会案内を行いました。
参加者からは、「こんな真剣にものを作ったのは久しぶり。楽しかった。」、「古布を捨てずに活用できて本当に良かった。」などの声が聞かれました。
(布ぞうり教室の様子)
参加者はそれぞれの素材で、オリジナル布ぞうりづくりに取り組みました。
布ぞうり教室の様子
布ぞうり教室の様子
布ぞうり教室の様子
布ぞうり教室の様子
(記念撮影) 最後に参加者全員で記念撮影。布ぞうりを持って。
布ぞうり教室の様子
主 催:エコウイングあかし
(明石市環境基本計画推進パートナーシップ協議会)
PDFファイルダウンロード

第3回 エコドライブ講習会

エコウイングあかし エコドライブ講習会
「エコドライブはいいこといっぱい」を開催しました。

● 日 時:平成21年4月18日(土)10:00〜11:00
● 場 所:あかし男女共同参画センター会議室1
● 講 師:松本 弘(LP4 サブリーダー)
● 参加者:10名
● 内 容:エコウイングあかしのメンバーが講師を務める初めての講習会。講師はエネルギーグループLP4のサブリーダーである松本弘氏。
みなさん熱心に聴講され、アンケートでもエコドライブを実践するという解答がたくさんありました。エコドライブを普及させるため、今後も多くの方々に講習会に参加していただきたいと思います。
エコドライブはいいこといっぱい
PDFファイルダウンロード

「里山復活作戦」活動プログラム

「里山復活作戦」活動プログラム 2009年4月1日〜2010年3月31日
目的:心の安らぎを感じる「ふるさと」作り ← 整備による豊かな自然「環境林・文化林」の再生
モットー:「安全に」、「楽しく」、「根気よく」
運営会議:2ヶ月に一回公園会議室で活動内容を検討、決定・・・議事録、活動報告は全員に配布
メンバー:エコウイングあかし(L・SL+地球環境課)、緑地公園課、金ヶ崎コミュニティ協会
09年度計画概要
・HARD
本格的な継続した整備を行う・・・主に竹の伐採Aゾーン(北浦池西側)
定例 月1回(第1土曜日)
メンバーは立上げ講演会参加市民、EW会員(09年度から全員EW会員に)
7月頃、必要なら再度市民募集→勉強会→整備を行う
この時期こAゾーン再度、C、Dゾーンの植生調査を実施
下期、LP.9にもある水辺ゾーンの現状、問題点、今後の方向性のまとめ
・SOFT
途中(下期?)から学習会、観察会、各種イベントを企画・・・・推進は整備とは別のリーダーで
10年度計画概要
・HARD
C、Dゾーンを中心に整備
Aゾーンも植生調査、継続的竹伐採、隣接する個人所有者土地の整備(事前交渉で了解をもらってから)
水辺ゾーンの整備方向を関係者で協議、決定し実行していく
・SOFT
学習会、観察会、各種イベントを定例的、継続的に企画運営
「里山復活作戦」活動プログラム
PDFファイルダウンロード