[10/5(土),6(日)開催!] 環境フェア2019秋 in イオン明石

2019年10月5日(土)、6日(日)にエコウイングあかし、明石市環境総務課、明石のはらくらぶの主催で『環境フェア2019秋 inイオン明石』を開催することになりました。

会場はJR大久保駅南にあるイオン明石ショッピングセンター2番街1FSEAPARKです。ぜひお越しください。
詳細は、以下をご参照ください。

■イベント名称
  環境フェア2019秋 inイオン明石

■開催日時
 2019年10月5日(土)・6日(日) 12:00〜15:30

■会場
 イオン明石ショッピングセンター 2番街1F  SEAPARK(旧海の広場)

■イベントスケジュール
 【10月5日(土)】
 ・エコバック作り
 ・リサイクルおもちゃ作り
 ・どんぐり笛づくり (明石のはらくらぶ)

 【10月6日(日)】
  ・光で奏でるオルゴール作り ※事前申込み制
  ・省エネクイズ
  ・生きものパズル
  ・魚つりゲーム

■「光で奏でるオルゴールづくり」について
 10月6日(日)に開催の「光で奏でるオルゴールづくり」は事前申込が必要です。

 【定員/対象】
  先着15名様/小学生以下

 【参加費】
  税込300円

 【申込み方法】
  9月17日午前9時より電話で受け付け(環境総務課TEL:918-5029 Fax:918-5586)
   ※広報あかし9月15日号に掲載しております。

■主催
 エコウイングあかし、明石市環境総務課、明石のはらくらぶ

「ふれあいの里山」復活大作戦(2019-08-03)

【日時】2019年 8月 3日(土) 9時00分~12時00分
【場所】金ヶ崎公園
【参加者】エコウィング会員/7名、 事務局/1名  計/8名

●今日の活動

今日は、梅雨明け後の猛暑の中での活動になりました。

午後に他の予定がある活動メンバーがいたことと、熱中症の予防のため、今日の活動は午前中の自然観察のみとしました。朝9時に、公園の会議室に7名のメンバーが集まり、ミーティングの後に公園内のコースを巡って、昆虫を中心とした自然観察をしました。

今日も朝から気温が高く、昼前には30℃に達する暑さでした。公園内はアブラゼミやミンミンゼミの蝉しぐれが響き、歩いているだけで汗だくになりました。それでも、体調を崩すメンバーもなく12時に会議室に戻ってきて、無事に今日の活動を終えました。

●次回の活動は、9月7日(土)の予定です。

まだ残暑の厳しい時期とは思いますが、どこかに秋の気配も感じられるかもしれません。たくさんの皆様のご参加をお待ちしています。

「ふれあいの里山」復活大作戦(2019-07-06)

【日時】2019年 7月 6日(土)9時00分~15時00分
【場所】金ヶ崎公園
【参加者】エコウイング会員/7名(午前のみ 1名、午後のみ 1名)、事務局/1名 計/8名

●午前 

今日は梅雨の中休みで、心配された雨も降らず予定どおりに活動をすることができました。朝9時に7名のメ ンバーが集まり、会議室でミーティングの後、いつののように公園内のコースに出て、昆虫を中心とした自然 観察をしました。7月に入ってチョウやコウチュウ、カメムシなどのいろいろな昆虫を観察することができまし た。厄介者のやぶ蚊も活動が活発になり、蚊取り線香が必需品の観察会でした。

●午後

午後は、少し参加メンバー1名が入れ替わり、公園入口の竹林の整備に取り組みました。古くなった小径の 竹を伐採し、元気な若くて太い竹を残して、健全な竹林が育つようにしていきました。また、公園側からの要請 で、近く開催される「ザリガニ釣り」イベント用の竹竿も、伐り倒した竹の枝などでたくさん作りました。今日も、事故などもなく定刻の15時に活動を終了して家路につきました。

●次回の活動は、8月3日(土)の予定です。

一年で一番暑い時期ですが、色々な昆虫も姿を見せてくれると思います。たくさんの皆様のご参加をお待ちしています。

「ふれあいの里山」復活大作戦(2019-06-01)

日時 2019年 6月 1日(土) 9時00分~ 15時00分
場所 金ヶ崎公園
参加者 エコウィング会員/8名(午前のみ 1名、午後のみ 2名)、事務局/1名 計/9名

●午前

今月から、朝の活動開始時刻が9時になりました。

その時刻に、7名の参加メンバーが会議室に集まり、ミーティングの後、いつののように公園内のコースを一巡りして昆虫を中心とした自然観察をしました。

6月になり、気温もかなり上がってきたため、様々な昆虫が観察できると期待しましたが、観察できた昆虫は種類も数も思いのほか少なく、期待外れでした。それでも、久しぶりにゴマダラチョウを観察できたのは収穫でした。

●午後

午後は、少し参加メンバーの入れ替えがあり、8名が公園の西側斜面に入り、常緑樹や枯損木の除伐、ネザサなどの下刈り作業に取り組みました。

6月に入ったばかりでしたが、一日中青空が広がる好天に恵まれ、快適な里山整備の活動ができました。活動中には、ムカデやスズメバチなども姿を見せ、刺されないように気を付けながら作業を進めました。

定刻の、15時前に事故などもなく無事に作業を終え、集合写真を撮って今日の活動を終了しました。

●次回の活動は7月6日(土)の予定です

梅雨の半ばですが、好天に恵まれることを期待したいと思います。
たくさんの皆様のご参加をお待ちしています。

市民が作る自然図鑑「あかし市民自然図鑑(明石公園:野鳥編)」

明石市環境基本計画推進パートナーシップ協議会(エコウイングあかし)は、生物多様性あかし戦略の一環として、調査会社に依頼するのではなく、明石市⺠、自らの手で市内の自然環境の調査をし、最後に図鑑の形でまとめる活動をしています。題して、「あかし市⺠自然図鑑」。その記念すべき第一弾が、明石公園の野鳥調査です。

明石公園はJRや山陽電鉄の明石駅から徒歩で数分という⽴地の良い所にありながら大きな緑地と濠や剛ノ池などの水面が広がっており、市街化の進む明石市の東部にとって貴重な自然環境となっています。

調査期間は2014年1月25日から2016年4月16日までの2年4か月間、調査に参加した人数はのべ883人でした。

参加メンバーの中には「鳥の名前で知っているのはスズメとハトとカラスくらい」という初心者の方も多くいましたが毎回、日本野鳥の会ひょうごの指導を受けながら調査を続けた結果、鳴き声を聞いただけで鳥の名前がわかるようになった人もいます。

期間中に確認できた野鳥の種類は66種類でした。
季節により観察できる種類は変わりますが、このうち14種類の野鳥は1年中確認できました。

調査で特に好評だったのはほぼ1年中観察できたカワセミです。
カワセミというと山奥の綺麗な渓流に棲んでいると誤解されがちですが、明石公園でも普通に観察できることが判りました。

また、春と秋の渡りの時期に⾒られたオオルリやキビタキ、夏のアオバズク、冬のルリビタキと、1年を通して様々な野鳥と出会うことができ、市⺠にとって明石公園は身近な存在ですが、あらためてその魅⼒に気づかされました。

なお、この調査への参加がきっかけで、自然や生物多様性に関心を持つ市⺠が増えたことも成果といえるでしょう。