「ふれあいの里山」復活大作戦(2020年12月5日)

【日時】2020年12月5日(土) 10時00分~15時00分
【場所】金ヶ崎公園
【天候】快晴
【参加者】エコウイング会員 5名(うち午後のみ 2名)、事務局 2名、計 8名

●午前 

12月に入って、朝夕は冷え込む日が多くなってきました。今日の金ケ崎公園も、まだ寒さを覚える中を、朝10時に6名のメンバーが活動に集まりました。先月は雨模様で活動が休止になったため、2か月ぶりの活動です。公園のコナラやアベマキ、メタセコイヤなどの木々はすっかり黄葉が進み、快晴の青空の下で初冬の美しい里山の風情でした。

公園事務所の会議室で、コロナ対策のため手指の消毒、検温、マスク着用をして、ミーティングをしたあと、いつものように公園内のコースを巡って、昆虫を中心に自然観察をしました。気温が低く、観察できた昆虫は限られた種類になりました。代わりに野鳥が色々と姿を見せ、楽しませてくれました。

●午後

午後はメンバーが増え、公園入口の散策路入り口付近で、カクレミノやクロガネモチなどの常緑樹や、多数生えていた低木のクサギなどの除伐を中心とした里山整備作業に取り組みました。昼を過ぎると気温も上がって、作業をしていると汗ばむほどになり、冬晴れの中で快適な活動ができました。

ケガなどの事故もなく、14時40分ごろ作業を終え、参加者全員で集合写真を撮ったあと会議室に戻り、茶菓子で今日の疲れをいやしてから、15時ごろ活動を終了しました。

●次回の活動は、来年2月13日(土)の10時からの予定です。

1月は正月休みとします。また、2月の第1土曜日は他の用件があるため、第2土曜日の活動になりますので、ご注意ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です