「ふれあいの里山」復活大作戦(2019/03/02)

【日時】2019年 3月 2日(土) 10時00分~ 15時00分
【場所】金ヶ崎公園
【参加者】エコウィング会員/10名(うち、午前のみ 4名、午後のみ1名)、会員外/1名(午前のみ) 計/11名

●午前

今日の金ケ崎公園は、一日中青空の広がる好天気に恵まれ、春本番を迎えたような陽気で、昼の最高気温は13℃近くまで上がりました。

その中で、朝10時に会員外の方1名を含め10名の参加者が活動に集まりました。会議室でのミーティングの後、いつものとおり公園内のコースを巡って自然観察をしました。午前中は、やや寒かったこともあって、あまり昆虫は姿を見せませんでした。

公園内のコナラやアベマキのナラ枯れ被害木は、2月に53本の除伐作業が終わっており、特に公園の奥の風景が、大きく変わっていました。被害の拡散を防ぐためとはいえ、寂しい限りです。

●午後

昼休みには、先月に引き続き差し入れ温かいおでんをいただきました。

午後は、メンバーがの入れ替えがあり、6名で里山整備に取り組みました。今日は、水路の北側の斜面に広がってきているコシダや、カクレミノなどの常緑低木の下刈りをしました。作業が終わると林床の日当たりが回復し、色々な植物の出現が期待できるようになりました。

●次回の活動は4月6日(土)の予定です。

今年は春の訪れが早いため、桜は散った後かもしれませんが、色々な春の生物が楽しめると思います。 たくさんの皆様のご参加をお待ちしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です