市民が作る自然図鑑「あかし市民自然図鑑(明石公園:野鳥編)」

明石市環境基本計画推進パートナーシップ協議会(エコウイングあかし)は、生物多様性あかし戦略の一環として、調査会社に依頼するのではなく、明石市⺠、自らの手で市内の自然環境の調査をし、最後に図鑑の形でまとめる活動をしています。題して、「あかし市⺠自然図鑑」。その記念すべき第一弾が、明石公園の野鳥調査です。

明石公園はJRや山陽電鉄の明石駅から徒歩で数分という⽴地の良い所にありながら大きな緑地と濠や剛ノ池などの水面が広がっており、市街化の進む明石市の東部にとって貴重な自然環境となっています。

調査期間は2014年1月25日から2016年4月16日までの2年4か月間、調査に参加した人数はのべ883人でした。

参加メンバーの中には「鳥の名前で知っているのはスズメとハトとカラスくらい」という初心者の方も多くいましたが毎回、日本野鳥の会ひょうごの指導を受けながら調査を続けた結果、鳴き声を聞いただけで鳥の名前がわかるようになった人もいます。

期間中に確認できた野鳥の種類は66種類でした。
季節により観察できる種類は変わりますが、このうち14種類の野鳥は1年中確認できました。

調査で特に好評だったのはほぼ1年中観察できたカワセミです。
カワセミというと山奥の綺麗な渓流に棲んでいると誤解されがちですが、明石公園でも普通に観察できることが判りました。

また、春と秋の渡りの時期に⾒られたオオルリやキビタキ、夏のアオバズク、冬のルリビタキと、1年を通して様々な野鳥と出会うことができ、市⺠にとって明石公園は身近な存在ですが、あらためてその魅⼒に気づかされました。

なお、この調査への参加がきっかけで、自然や生物多様性に関心を持つ市⺠が増えたことも成果といえるでしょう。

市民が作る自然図鑑「あかし市民自然図鑑(金ケ崎公園:野鳥編)」

明石市環境基本計画推進パートナーシップ協議会(エコウイングあかし)は、生物多様性あかし戦略の一環として、調査会社に依頼するのではなく、明石市⺠、自らの手で市内の自然環境の調査をし、最後に図鑑の形でまとめる活動をしています。題して「あかし市⺠自然図鑑」。

第1弾は明石公園の野鳥調査(2014年1月〜2016年3月)で、この⾦ケ崎公園の野鳥調査が第2弾となります。

⾦ケ崎公園は魚住町の北部、⾦ヶ崎にありJR魚住駅から徒歩では30分近くかかるため「駅前」の明石公園ほど有名ではありませんが、明石市周辺のバードウォッチャーにとっては「東の明石公園、⻄の⾦ヶ崎公園」と言われるほど大変人気のあるスポットです。

その理由は、8.5haもある広大な敷地の中に北浦池という大きなため池と⾥山を整備した樹林で構成されていること、周辺に広がる農地があり公園も含めた地域全体で野鳥にとって生息しやすい環境であることなど、1年を通してたくさんの野鳥に出会えるからです。しかも、無料駐⾞場やトイレもあって観察条件も整っています。

もちろんバードウォッチャーだけでなく、春の桜、秋の紅葉、展望台、アスレチック遊具やピクニック広場、野球グラウンドにグラウンドゴルフ場など高齢者から子供まで楽しめる市⺠の憩いの場としても人気です。

この⾦ヶ崎公園の調査期間は2015年4月〜2016年4月までの1年間、確認できた野鳥の種類は68種類でした。

この中には、サンコウチョウやムギマキ、オシドリ、ツツドリ、キクイタダキなど明石市内ではとても珍しい野鳥も含まれています。
また、キジバト、コゲラ、ハシブトガラス、ヒヨドリ、スズメは1年中⾒られました。

なお、この調査に参加した人数は417人(月平均32人)でした。